高橋克実、鈴木砂羽パワハラ騒動に疑問 演劇界では 「普通ですから」

NHK フルスイング DVD-BOX俳優の高橋克実が13日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で、女優・鈴木砂羽の演出舞台を突如降板した2人の女優が鈴木に対し「土下座を強要された」などと訴えていることに、「パワハラとか書かれてますけど(演劇の世界では)普通ですから」と、決してパワハラなどではないと訴えました。

番組では鳳恵弥、牧野美千子の2人の女優が鈴木砂羽の舞台を公演直前に降板した騒動を特集。2人の女優は2回目の通し稽古時には別の仕事が入っていたことを上層部に伝えていたと主張するも、その事を知らなかった鈴木が難色を示したことや、鳳がブログで鈴木から土下座を強要されたと訴えたことなどを伝えました。

一部ではこの鈴木の行為を「パワハラ」などと報じるものもあり、高橋は「パワハラとか書かれてるけど、普通ですから。演出家はまずは人格否定から始まりますから」と、演劇界では、一般的にパワハラとよばれる行為は横行していると証言。「有名な俳優さんだって、稽古場の隅で泣いてたりする」と明かし、カンニング竹山も「チケットを売っちゃってるんだから、一回乗ったらどんなに嫌な演出家でも、殺してやろうと思うディレクターでもやることはやんなきゃダメ。終わってから文句言って二度とあいつと仕事しないと(なればいい)」と降板女優に苦言を呈しました。
続きを読む